blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
<< 「からだと心をみつめて―自分と向き合う時間を大切にするために」 第4回 | main | 「おひとりさまの暮らし塾―安心・安全なくらしのために」第2回 >>
「おひとりさまの暮らし塾ー安心・安全なくらしのために」第一回
 名古屋市男女平等参画推進センター 後期講座
「おひとりさまの暮らし塾―安心・安全なくらしのために」

講座概要はこちらから

第1回 2011年1月29日(土) 13:30〜15:30
講 師:村居多美子(NPO法人介護サービスさくら 代表理事)

老後にも自分らしく生きられるように、暮らしのさまざま視点から学ぶ講座の
第一回は、「住み慣れた町で安心して暮らせる介護」をテーマに、
名古屋域で16年間、介護や福祉などを中心に
地域の社会活動にかかわっている村居さんの講師に迎え、
介護が必要となったその時のために、今できることを考えました。

◆幸福な老いの程度をきめる3つの条件
 〃鮃―自分の体は自分で守ることが大事

 経済的安定―在宅でいつまでも安心して暮らし続けるために。
          経済の許す限り、自分にかかる費用は自分で払い続ける。
          その気構えが気持ちのうえで若さを維持できる。
           

 MЭ諭修燭さんの人に出会おう、そのためには?
   例)地域での居場所づくり

◆住まい方ー介護が必要となった時のことは、元気なうちから考えよう。
  例)都会に住むか?地方で暮らすか?
   ・都会は、介護資源が豊富だが、忙しく、人の多い暮らし
   ・地方は、空気がきれい、豊かな自然、農山漁村の暮らしがある。
    一方で、会議資源は乏しい

◆役割と達成感
  人は、自分が必要とされていると感じ、
  そのことを成し遂げた達成感を感じることが生きがいに。
  やってもらうばかりではなく、
  自分が役立っていると感じることが喜びになる。
  どんな年齢の人でも、人の役に立てる
  例)生後2か月の赤ちゃん(職員の子ども)は、
    介護サービスさくらの重要な癒し系ボランティア。
    職員の仕事中に「預かっている」のではなく、いてもらっている。
    赤ちゃんの存在が利用者のお年寄りの
    「わたしが見ててあげなくちゃ」という
    役割意識を向上させている。
    
◆いきがい
 目標・目的が明確であり、自分ができることをわかっていることが重要。
 趣味だけでは長く続かない。

◆地域にデビューしましょう
 自分にできることがあるはず、まずは一歩を踏み出しましょう。
 「奈良・鹿」 こんな事ならできる。 こんな事しかできない。
 どちらが前向きでしょうか?

◆元気なうちに、自分が関わる、ネットワークを広げて、
色々な情報を得られるようにしておくことが大切。まずは、一歩を!

講座のようす
暮らし塾0129-2
講師の村居多美子さん

暮らし塾0129-1

 参加者からのコメント

・すべては「自分」から始まり、動かなければ変わらないということ。モチベーションが大切。維持し続けることも大切ですね。

・知らないで始まる老後より、少しは賢く。これから始まる老後、やっと老親を見送って、その厳しさに身が引き締まる思いがしました。少しは前向きに逃げることなく、生きていかなくてはならないなと思いました。

・漠然としていたことが少しわかってとてもよかったです。親や自分の事も含め少しずつ学んでいって、役に立てよう。わたしも関わっていけたらと思います。

・「元気なうちに色々な情報を得ておくこと」が一番大切なことというのが印象的でした。

・親の介護の事もあり参加したのですが・・・・。自分自身のためにも勉強になったと思いました。そのような場に出向いてみたいと思いました。ありがとうござました。

========================
親の介護や自分の将来を考えてみるものの、
ただ何をどうしたらいいのか、ただ漠然と「介護の不安」だけがありました。

村居さんのお話を聞いて、介護が必要になったときに、
わたしに必要なサービスは何か、どのサービスが良いのかというのは、
自分自身で確かめることが大事だと思いました。

そのためには、
元気なうちに、自分が関わる、ネットワークを広げて、
色々な情報を得られるようにしておくことが大切です。
まずは、一歩を踏み出したいですね。
| つながれっとクラブ講座ブログ | おひとりさまの暮らし塾 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kouzablog.tsunagalet-club.net/trackback/9
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

bolg index このページの先頭へ