blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
<< あなたの安全度を高めるセルフケアとセルフディフェンス | main | あなたの安全度を高めるセルフケアとセルフディフェンス >>
あなたの安全度を高めるセルフケアとセルフディフェンス

名古屋市男女平等参画推進センター 2013年度・前期講座
「あなたの安全度を高めるセルフケアとセルフディフェンス」


身体の安全と暴力についての正しい知識を身につけ、
暴力の被害にあわないための方法や実技を学びます。
合わせて、身体のセルフケアも習得しましょう。

講座概要はこちら
http://www.tsunagalet.city.nagoya.jp/lecture/2013_001.html

【第4回】 
 2013年7月6日 13:30〜16:30
   Wen-Do ワークショップ
 

お昼をはさんで、午後の第4回目はWen-Doインストラクターの大沼もと子さんによる護身術のワークショップです。大沼さんにはこれまでもWen-Doの講座を担当していただいていますので、受講2回目の方も何人かいらっしゃいました。



(具体的かつ実践的なことを、たくさん伝えていただきました)

最初に、ワークショップ中のルール(参加、尊重、守秘義務)を共有した後、Wen-Doの目的から説明いただきました。護身術というと、加害者を攻撃して相手にダメージを与えることをイメージする方もおられるかもしれません。しかしWen-Doでは、護身術は自分を守る目的で逃げるために使うこと、としています。加害者の予測できないような行動をとって相手を驚かせ、その時にできた隙を利用して、逃げ出すのです。

暴力については「自分の嫌なことを強要されたらそれは暴力」と説明があり、シンプルで明解な定義であると感じました。印象的だったのは、恐怖心さえも自分を守るために大事な道具であることです。恐怖を感じたら、しっかり深い呼吸をして自分を落ち着かせ、必要な対処を始めることができます。また、「なにか変だ」と感じたら、それは護身術をスタートさせるサインだ、ということに納得です。

暴力から身を守るために大切なことの説明の後、いよいよ実技に入ります。まずは呼吸法。心を落ち着かせる方法と、気合を入れるための呼吸法を練習します。それから、「ウォー!」とお腹の底から野太い声を出す練習を繰り返しおこないました。初めての方がほとんどでしたが、皆さんだんだんと声が大きくなっていきます。

次に、ペアになって自分にとって安全な距離を確認し、その距離を確保するために相手の目をしっかり見てノーをいう練習をしました。「近づかないで」といいながら笑顔になってしまわないように、表情とメッセージを一致させることを注意します。手をつかまれた時にはずす様々な方法、後ろから羽交い絞めにされた時にどのようにはずして逃げるか、相手の弱点をしっかりねらってダメージを与えるやり方、相手の攻撃をブロックする方法など、姿勢や視線に注意して、声を出しながら学んでいきます。

そのほか、エレベータの中や、路上で後をつけられたときなど、シチュエーション別の逃げ方、効果的に助けを求める方法などの紹介がありました。とても具体的だったので、自分の身に置き換えて、心構えするのに役立つ内容でした。さらに、とっさに方向転換するやり方や、混んでいる電車から降りるときなど、古武道の術を使った方法が紹介され、とても興味深かったです。

私自身は何年かぶりのWen-Doワークショップでしたが、大声を出して練習していくうちに、力強い自分を感じることができて、清々しい思いでした。参加者の方々のりりしい姿を観ているのも、とても頼もしくて快感!です。3時間が短く感じるくらいに、自分を守るための知恵がたくさん学べる内容でした。すべての女性に一度は参加してもらいたい講座だなと改めて実感しました。(塚田 恵)

| つながれっとクラブ講座ブログ | セルフケアとセルフディフェンス | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kouzablog.tsunagalet-club.net/trackback/57
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

bolg index このページの先頭へ