blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
<< 一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す! | main | からだづくり、わたしづくり−自分と向き合う時間を大切にするために >>
一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!

名古屋市男女平等参画推進センター 2012年度・前期講座
「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」

あなたの身の丈キャリアに、プラスアルファする実践講座です。―.ャリアづくり、⊇性と労働、ワーク・ライフ・バランス、だ験菠歉磧住佑弔了訶世ら一人ひとりの生涯を見通して、実りある暮らしへ。その一歩を踏み出します。

講座概要はコチラ

【第2回】
7月15日(日)10:00〜12:00
女性と労働―労働、雇用、そして仕事を拓く。
講師:渋谷典子(桜花学園大学・愛知学泉大学講師、NPO法人参画プラネット代表理事)


実践講座「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」。第2回「女性と労働―労働、雇用、そして仕事を拓く。」では、労働法をキーワードに、講座が進みました。

■はじめに
自己紹介として、個人的に新聞に掲載された記事を配布し、「なぜ、労働法を研究しているのか?」から、お話を進めていきました。もともと、文学部英米文学科を卒業し法律とは縁がなかったわたしが「なぜ?」と、今でも時々、思うことがあります。NPOで活動していて壁にぶつかったときに出会ったのが労働法です。「NPOで活動している人々は労働者かどうか?」をテーマに、当事者として、わたしの問題!として研究に取り組んでいます。

■講座のレジュメから
今回の講座では、憲法から発展した労働法について基礎的な内容を大切にしつつ、「働く場」で実効性ある内容で組み立てました。

まずは、歴史!
第二次世界大戦後の「女性と労働」歴史を振り返る時間です。
1 女性と労働の歴史
(1)女工哀史
(2)工場法
(3)労働法

そして、労働法!
源は、憲法…と腑に落ちることが重要。国の基本的な理念が憲法です。
2 労働法とは?
(1)労働法の源は憲法
(2)労働者・使用者
(3)労働基準法、労働契約法、雇用機会均等法、育児介護休業法

いくつかのトピックを取り上げながら、労働法を味方にする方法を紹介しました。
3 労働法を味方にしよう!
(1)賃金
(2)セクシュアル・ハラスメント、パワーハラスメント
(3)解雇

リスクは、リスクとして認識したときにリスクではなくなる―このごろ、わたしはこう実感しています。
4 権利を主張するときのメリット、デメリット、そしてリスク

■講座を進めながら
講座のポイントごとに、参加者の方々にコメント・シートを書いていただきました。

1 自己紹介【伝えたいこと、上位3つ!】
2 女性と労働の歴史で、関心をもったできごとは?
3 気になる法律の内容は?
4 今日の発見!【なるほどと思ったこと、上位3つ!】
5 第4回への期待は?

15年間(1989年から2004年まで)、赤ペン先生をしていたこともあり、コメント・シートに赤ペンでコメントを返信。一人ひとりの思いが伝わってきて、「しかくい」法律も「まあるく」なっていきました。

次回は、7月29日(日)第4回を担当します。

(渋谷典子) 

| つながれっとクラブ講座ブログ | 一人ひとりのキャリアアップ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kouzablog.tsunagalet-club.net/trackback/44
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ