blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
<< 一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す! | main | からだづくり、わたしづくり―自分と向き合う時間を大切にするために >>
からだづくり、わたしづくり−自分と向き合う時間を大切にするために
名古屋市男女平等参画推進センター 2012年度・前期講座
「からだづくり、わたしづくり―自分と向き合う時間を大切にするために」

日常生活で、さまざまな状況や立場からストレスを抱える女性たちが、
からだとこころの健康を取り戻すためのリラクゼーション講座です。
気功を取り入れた体操を取り入れ、「ほっとできる」時間と場をつくります。

講座概要はコチラ 

【第3回】
 8月10日(金)10:00〜12:00
 夏をうまく乗り切るからだづくり(2)
 講師:塚田恵(カウンセラー、元女性センター相談員)

夏本番!の第3回目。

朝晩に涼しささえ感じる、過ごしやすい数日が過ぎたあと、
また猛暑日となった午前中に講座が行われました。

講師の塚田さんからは
「涼しくなったときにこそ、どっと身体の疲れが出やすいんですよ。
このタイミングでしっかり休んでおけると、次にまたスムーズに動けるんです」
というお話からはじまり、
人の身体のはたらきには大小さまざまな「波(状態の上下)」があって、
その波にうまく合わせた生活をすることが、
心身の良い状態を保つためのコツです、というお話を伺いました。

例えば、女性なら生理が始まって4日目、
出血のピークが過ぎるころが、骨盤が完全に開くときで、
そのときに無理をしないで身体を休めておくと、
次の生理をまたスムーズに迎えられやすいこと、
生理痛の激しい人は、生理が始まる直前、骨盤の片側が
ゆるみはじめるのがうまくできていないことが多い、ということでした。
(なので、骨盤をゆるめることをサポートする体操なども、
ここで少し、おさらいしていただきました)

あるいは風邪のときなどにも、発熱から4日目くらいの
ピークを過ぎた時こそ、しっかり休んでおくのが良いのだそうです。

いろいろ、お話を伺う時間も、興味深いことばかりです。

さて、今回は初めて、ペアでの体操を試してみました。
ペアの一人がうつぶせで横になって、
もう一人がそのそばに座り、体に手を当てて体操のサポートをします。
あるいは、両手を決められた身体の位置に、ごく軽く置いて、
そのまま、相手の状態(呼吸のようす)を見ながら
自分自身の呼吸や、手から伝わる反応に意識をむけていきます。

はたで見ていて、不躾ながら「面白い!」と思うほど、
皆さんの呼吸が深く、ゆったりとしたものになるのが分かりました。
もちろん、反応は人それぞれで、
「手がびりびりする」と言う方から「あまり感じません・・・」と言う方まで、
やっている最中の感じ方にはさまざまな違いがありましたが、
どなたも、体操後は身体がゆるんでいるのがはっきりとわかり、
改めて、気功の効果を興味深く感じた時間でした。

塚田さんに伺うと、ペアでの体操の方が、効き目が早いのだそうです。
この講座は、ひとりでできる体操が基本ですが、
今回は少し、皆さんに新鮮な体験をしていただきました。

次回は8月31日。秋の訪れに準備できるために、
「夏バテ解消!秋のからだにきりかえる」がテーマです。
どうぞお楽しみに!


この本、読み物としてもとても面白いとご紹介いただきました。
| つながれっとクラブ講座ブログ | からだづくり、わたしづくり | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kouzablog.tsunagalet-club.net/trackback/40
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ