blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
<< からだと心に向き合う時間−わたしなりのリラクゼーションを探して | main | 心を動かすプレゼンテーション >>
からだと心に向き合う時間−わたしなりのリラクゼーションを探して

名古屋市男女平等参画推進センター 後期講座
「からだと心に向き合う時間−わたしなりのリラクゼーションを探して」

講座概要はこちら

第4回:2012年2月19日(日) 10:30〜12:00
心と体に向き合う時間
 講師:岩月麻里(鍼灸マッサージ師、ほのまき体操主宰)

ストレスの多い現代社会において、身体と心の健康をどう保っていけるのか。
女性が豊かな人生を送るためにリラクゼーションを交えながら、
自分の健康や生き方に役立つ情報を提供し、
身体と心に向き合っていただくための講座です。

第4回目は、「心と身体に向き合う時間◆廚離董璽泙粘箏酲穃い気鵑
講師にお迎えしました。
岩月さんは鍼灸マッサージ師。以前、保育士として勤務されていた時、
頸肩腕症候群を発症。それを機に鍼灸師となられたそうです。
現在、「おばた治療室」で鍼灸、アロマセラピーを取り入れた治療のほか、
自分で身体を整えるための「ほのまき体操」を考案され、名古屋市内
各地で教室を指導されています。

講座では、心と体のつながりの深さ、イメージがもたらす力、ストレス軽減の
工夫などについてお話しいただきました。また、日ごろ簡単にできるストレッチを
ご紹介いただきました。

講座内容
1.深くつながる心と体…体が教えてくれること
 (1) 体の状態が心に影響する 例)痛みで気持ちが落ち込む
 (2) 心の状態が体に出る

 ・自律神経失調症  ・運動器の症状  ・通勤障害  ・感情失調

2.心と体の関係を知るエクササイズ…心の力を体験してみましょう
  イメージの力と体の反応をみる

3.心の健康を保つコツ
 ・何もしない時間を持つ ・趣味、習い事の時間を持つ ・囚われをはずす

4.症状が出てしまったら…自分ひとりで何とかしようと思わない
 ・誰かに話す ・動いてほぐす

5.ちょっとした体操を習慣にする…こまめに動かし疲れを溜めない

心と体のつながりの例では、自分にも身に覚えがあることでした。
20代の頃は、社会人としての経験も浅く、同じ仕事をする先輩もおらず、
気の張る毎日でした。寝言でも、仕事の場面での応対を話したらしい
当時を思い出しました。
このように「仕事の場面を夢に見るのは、深く休息できていない証拠」
だそうです。
作家の夏樹静子が「いい作品を書かなくちゃ」というプレッシャーから
腰痛になり、椅子に座れなくなった話もとても興味深かったです。
(詳しくは、夏樹静子「腰痛放浪記 椅子がこわい」新潮文庫ほか をどうぞ)
そのほか、緊張して食欲がなくなったり、風邪をひきやすくなったりなど、
誰にとっても心と体のつながりの深さはなじみのある事柄ではないでしょうか。

誰でもストレスは受けたくない、でも、ストレスが全くない状況も
あり得ませんよね。
そこでどうするかについては、心の持ちようを工夫することが重要というお話でした。
うまく息抜きをする、リラックスできる時間を持つことの大切さ、
中でも興味深かったのは、「私の常識=あなたの非常識」というとらえ方です。

自分にとって当たり前のことは、相手も同じように考えるだろうと
思いがちですが、「これがストレスの発生源」と岩月さんはおっしゃいます。
そこから、相手が自分の期待した言動をしてくれないことにイライラする、
ショックを受けるなどが起こり、体の不調を招きます。
「人の常識はバラバラだ」という視点から出発すると、ストレスはぐっと
減らせるそうです。
「私はこう考えるけど、あなたはそう考えるのね」と、自分の常識への
こだわりやとらわれから自由になると、相手の言動を肯定的にとらえられるように
なったり、柔軟に受け流したりできて、自分がラクで居られるという流れになります。

もっと自分の心や体に目を向けて、自分の常識に振り回されず、
こまめにストレッチや運動をしよう、さらにセルフケアが上手になろう!と
心に決めた回でした。

講座のようす




| つながれっとクラブ講座ブログ | からだと心に向き合う時間−わたしなりのリラクゼーションを探して | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://kouzablog.tsunagalet-club.net/trackback/33
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

bolg index このページの先頭へ