blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
心を動かすプレゼンテーション

名古屋市男女平等参画推進センター 後期講座
「心を動かすプレゼンテーション」


講座概要はこちら

第4回:2012年2月26日(日) 13:00〜15:00
 コミュニケーションスタイルを確認しよう
 講師:本間英彦((キャリア・コンサルタント/経営コンサルタント)

「プレゼンテーション」というと、何か難しいものと思っていませんか。誰でもどこでもプレゼンはできるものです。ちょっとした知識と経験があればOK。あなたも相手の心を動かすプレゼンテーションにチャレンジ!

第2日目午後の講座は、「プレゼンテーションのテクニックを学ぶ」です。
2日間の講座の総仕上げであるこの回では、受講生のみなさんがそれぞれの仕事、活動の場で実践できることを目標に進められました。レクチャーでは、プレゼンに必要な資料の作り方や聞き手の分析について説明をいただきました。最後に、これまで学んだことを念頭に4回目のプレゼンテーション体験!みなさん堂々と発表されていました。

講座内容
1.ショートスピーチ
2.説明資料の作成
  〇駑塑鄒の手順
  ▲船磧璽箸隆靄
3.プレゼンテーターの態度に必要な4つの要素(補足:避けたい姿勢)
4.プレゼンテーションの体験(その4)

この講座で学んだプレゼンテーションのスキルを、より効果的にするには視覚資料が重要となってきます。良い資料は聞き手の理解を深めるためにプラスの効果をもらたします。しかし、不完全な資料では発言の重要度を混乱させてしまいます。資料の内容を理解せず、説明できないようなものは使用しないほうがよいと本間先生は言います。さらに、5分のスピーチには1時間程度話せるような資料を準備しておくとよい、とも。なるほど・・・その場しのぎの付け焼刃ではだめということですね(苦笑)。
さらに「プレゼンターに必要な要素」は、自分が発表するときに必ずチェックしたい部分です。受講生のみなさんも熱心に聞いていました。

こうして効果的なプレゼンテーションのテクニックを学んだあとに、4度目のプレゼンテーション体験で締めくくりをしました。

本間先生のプレゼンテーション講座は、グループの人たちと一緒にプレゼンテーションを体験しながら、自分の癖を見直したり、よりよいところを伸ばしたり、実践的な内容が好評です。受講生の方々は、2日間集中的に受講することによって、自分とグループの人のスキルがみるみる上達することを実感できます。この達成感が、次へのステップのエネルギーになるとわたしは考えています。

このプレゼンテーション講座のように、受動的に学ぶだけの講座ではなく実践的で実のある講座を、つながれっとNAGOYAでは今後もお届けしていく予定です。

講座のようす

プレゼンテーション体験に向けて準備中。
みなさん、真剣です!



さあ!プレゼンテーションです。
4回のプレゼン体験の総仕上げです。

| つながれっとクラブ講座ブログ | 心を動かすプレゼンテーション | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
心を動かすプレゼンテーション

名古屋市男女平等参画推進センター 後期講座
「心を動かすプレゼンテーション」


講座概要はこちら

第3回:2012年2月26日(日) 10:30〜12:00
 コミュニケーションスタイルを確認しよう
 講師:本間英彦((キャリア・コンサルタント/経営コンサルタント)

「プレゼンテーション」というと、何か難しいものと思っていませんか。誰でもどこでもプレゼンはできるものです。ちょっとした知識と経験があればOK。あなたも相手の心を動かすプレゼンテーションにチャレンジ!

第2日目午前の講座は、「プレゼンテーションの理解を深める」がテーマです。
前日の講座でのプレゼンテーション体験をさらに深化させ、効果的なプレゼンテーションを行うための具体的な方法を学びました。

講座内容
1.効果的なプレゼンテーションとは
  ‘睛討料箸瀘て方(ストーリー)のポイント〜話す順〜
  内容の組み立て方(ストーリー)のポイント〜考える順〜
  「論理的な展開」とは
  ぅ廛譽璽鵐董璽轡腑鵑任力辰景

2.プレゼンテーション体験(その3)
    ―内容の組み立て方(ストーリー)のポイントをつかもう

プレゼンテーションの内容を組み立てるときに、まず大切なのは「何が言いたいのか」をしっかり押さえておくことだそうです。まとめ(結論)を明確にしてから、導入→展開というように話の内容を考えます。実際に話す順は、この逆になり、導入→展開→まとめという順に話すのが効果的だそうです。
このポイントを押さえておけば、ちょっとしたスピーチの場面でも活用できそうですね。

プレゼンテーションであがらないためには、「準備」や予行練習はもちろんのこと、最悪のときをシュミレーションしておくこともリスク回避になるそうです。
講座の中で行ったプレゼンテーション体験でも、受講生のみなさんはしっかりと準備の時間が確保されたうえで、プレゼンに臨んでいました。

午前中の講座の最後は、3度目のプレゼンテーション体験です。たっぷりと用意された準備の時間をつかって、自分が話したい内容を組み立てて、3分間のスピーチを行いました。毎回のプレゼンでは、グループの人たちがチェックリストをもとに厳しい「友情のチェック」をして、発表者にフィードバックをしています。受講生のみなさんは、このフィードバックによって、次のプレゼンテーションがよりよくなっていく過程を実感されたのではないでしょうか。最後のプレゼンテーション体験に期待がかかりますね!

プレゼンテーション体験は、こんなかんじで進めます。

| つながれっとクラブ講座ブログ | 心を動かすプレゼンテーション | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
心を動かすプレゼンテーション

名古屋市男女平等参画推進センター 後期講座
「心を動かすプレゼンテーション」

講座概要はこちら

第2回:2012年2月25日(土) 13:00〜15:00
 コミュニケーションスタイルを確認しよう
 講師:本間英彦((キャリア・コンサルタント/経営コンサルタント)

「プレゼンテーション」というと、何か難しいものと思っていませんか。誰でもどこでもプレゼンはできるものです。ちょっとした知識と経験があればOK。あなたも相手の心を動かすプレゼンテーションにチャレンジ!

第1日目午後の講座は、「プレゼンテーションをやってみよう」がテーマです。
効果的なプレゼンテーションとは何か、の講義の後、午前中と同じように、
各グループで1人ずつ、プレゼンテーションの実践です。
そのほか、プレゼンテーションの5つの要件、ロジックツリーの手法について
教えていただきました。

講座内容
1.効果的なプレゼンテーションとは(1)
2.プレゼンテーション体験(その2)
 ・自己紹介
 ・グループ内で評価
3.プレゼンテーション5つの要件
4.主張の考え方とやり方(ロジックツリーの例)
 ・グループワーク

一般に、スピーチが苦手な理由は?と聞くと、“緊張する、あがる”というのが
大多数だそうです。緊張せずにすらすらとスピーチができれば、どんなに
いいでしょうか。
しかし、本間先生によると、プレゼンテーションは、緊張したりあがったりする
もので、20年以上もプレゼンテーションの指導をされている先生自身、
講義の前は毎回あがるんだそうです。これには、えぇ〜!と皆さん、びっくり。

だけど、緊張するのが当たり前とわかっていれば、対策がとれるとのお話で、
先生の対処法は、最初に大きな声であいさつをする、というもの。
これで、気持ちがぐっと落ち着くそうです。
「コツをつかむこと。そうすればプレゼンテーションは恐れることはない」と先生。

本日2回目のプレゼンテーションでは、午前中の講義で説明があったように、
今回は準備に時間をかけて実践です。“自己紹介”を目的に、誰に話すかを決めます。
その上で、ポイントを箇条書きにして、実際の話し言葉で書いてみます。
自分で声に出してみて時間を計り、話す内容を手直しするなどの作業をし、
仕上げていきます。準備に15分かけ、発表は3分以内です。

この準備の成果もあって、参加者の皆さんは、さらに落ち着いた感じで笑顔も
よく見られ、楽しんで話をされているようでした。
先生からは、ジェスチャーをもっと活用するとよいことや、手の位置に注意する
ことのアドバイスがありました。

話す相手やポイントを押さえて準備をすることで、ぐっと話す内容が明確になることが
よくわかりました。準備によって余裕ができたせいか、参加者の方の話す表情もより
生き生きしたことが印象に残りました。

「自己紹介を何度かすると、それだけ自分の中に引出しができる」
「普段から話す材料を集めておくこと。そうすれば自分の引出しが増える」
日ごろの小さな努力が、話し上手を作るんだなとわかった回でした。

| つながれっとクラブ講座ブログ | 心を動かすプレゼンテーション | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
心を動かすプレゼンテーション
名古屋市男女平等参画推進センター 後期講座
「心を動かすプレゼンテーション」

講座概要はこちら

第1回:2012年2月25日(土) 10:00〜12:00
 コミュニケーションスタイルを確認しよう
 講師:本間英彦((キャリア・コンサルタント/経営コンサルタント)

「プレゼンテーション」というと、何か難しいものと思っていませんか。誰でもどこでもプレゼンはできるものです。ちょっとした知識と経験があればOK。あなたも相手の心を動かすプレゼンテーションにチャレンジ!

プレゼンテーションといえばこの方、というくらいに、つながれっとの講座では
おなじみのジャパン・ヒューマン・クリエイツ代表 本間英彦さんに2日間の
集中講座を担当していただきました。
本間さんはキャリア/経営コンサルタントとして、日々学生の就職支援や大学での講義、
企業の経営相談などに従事しておられます。
講座は、パワーポイントを用いた講義の部分と、参加者がグループに分かれて
作業をするというワークショップの形式をとる実践的な内容とを交えたスタイルです。

第1日目午前中の講座は、「コミュニケーションスタイルを確認する」をテーマに、
コミュニケーションについての概要の講義と、さっそく各グループで1人ずつ、
プレゼンテーションを体験してみるという内容でした。


講座内容
1.オリエンテーション
・講座の目的/プログラム紹介/ジョハリの窓
・講師紹介
2.プレゼンテーション体験(その1) 5人ずつのグループで
 ・テーマ「最近の出来事」
3.コミュニケーション概論
 ・コミュニケーションの基本を学ぶ
4.コミュニケーションチェック
 ・コミュニケーションに必要な5つの要素をチェックする

貴重な週末のお休みを使って、プレゼンテーションを学ぼうという皆さんですから、
コミュニケーションについて意識が高く、すでにプレゼンテーションの経験も多い
方々だったのでしょう。最初のプレゼンテーション実践も、表情豊かにスムーズに
進んでいきます。
本間先生も思わず「皆さん、何を習いに来たの?」と感想を口にされるくらい、
最初から皆さんお上手でした。

コミュニケーション概論の講義では、コミュニケーションとは相互作用であること、
この点が重要と話されました。
相手と理解し合えて気持ちよくつながるコミュニケーションには、話す言葉以上に、
“ノンバーバル(非言語の)”といわれる、しぐさ、表情、態度などを意識して
工夫することが重要だそうです。

印象に残ったのは、コミュニケーションの決定権は受け手(聴き手)にあると
いう事実です。ですから、話し手が話したいことを話したいように話す、では
よいコミュニケーションとは言えません。それでは単なる独りよがりです。
話し手は、相手が理解しやすいよう様々な面で工夫することが必要なのです。
準備するところから、プレゼンテーションはすでに始まっているのでした!

そうはいっても、受け手の経験、状況、理解力などにはばらつきがあって、
話し手がいくら努力をしてもカバーできない部分も残ります。

聴き手の全員に理解してもらおうというのは、非現実的だし、そもそも無理なこと。
そこまで頑張らなくていいよ、というのが本間先生からのメッセージです。
過半数にわかってもらえばいい、とか自分の味方を作ろうとか、
現実的なところに狙いを定めることが大切だそうです。

ふっと肩の力が抜けて、プレゼンテーションが身近なものに感じた内容でした。

講師の本間先生


まずプレゼンテーション体験!



| つながれっとクラブ講座ブログ | 心を動かすプレゼンテーション | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ