blog index

つながれっとクラブ定期講座ブログ

名古屋市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)で開催された定期講座のブログです。
このブログは、名古屋市男女平等参画推進センター指定管理者NPO法人参画プラネットが運営しています。
一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!

名古屋市男女平等参画推進センター 2012年度・前期講座
「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」

あなたの身の丈キャリアに、プラスアルファする実践講座です。
―.ャリアづくり、⊇性と労働、ワーク・ライフ・バランス、だ験菠歉磧
四つの視点から一人ひとりの生涯を見通して、実りある暮らしへ。その一歩を踏み出します。

講座概要はコチラ 

【第4回】
7月29日(日)10:00〜12:00
生活保障―失業、疫病、高齢期、そのときに備える。
講師:渋谷典子(桜花学園大学・愛知学泉大学講師、NPO法人参画プラネット代表理事)


実践講座「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」第4回:生活保障―失業、疾病、高齢期、そのときに備える。」では、生活保障をキーワードに講座が展開しました。


■はじめに
前回(第2回)、印象に残ったことを配布したコメント・シートに記載することからはじまりました。2週間を経て、思い出すことは何だろう? とっても関心があります!

わたしの話は、第2回のときに集めたコメント・シートに書かれていたリクエストに応えることからスタート!

リクエストは、々駭⊇子差別撤廃条約、▲僉璽範働、G標労働、げ鮓曚任靴拭それぞれ資料を基に説明。国連女子差別撤廃条約の資料―『世界中のひまわり姫へ―未来をひらく「女性差別撤廃条約」』(小笠原みどり著、永田萌<イラスト>、ポプラ社、2000年)が好評でした。


■講座のレジュメから
今回の講座は、社会の枠組みとリスクの関係性をとらえ、「これからの人生を見通すチカラ」を養い、「支援する/支援される」チカラへと展開することを目的としました。
まずは、日本の現状をとらえ、最低賃金や生活保護のトピックへと展開。(3)の関係図の空欄【○助】は、どのような言葉が入るのか…ぜひ、考えてみてくださいね。

1 生活保障を考える
(1)日本の現状
(2)最低賃金と生活保護
(3)



次は、リスクとその対応を考える時間!

2 「万が一!」に備えて:リスクはリスクとして認識したときに、リスクではなくなる。
(1)会社で働いていて⇒ けがをした。病気になった。
(2)会社で働いていたが⇒ 会社が倒産した。自分の都合で退職した。
(3)風邪をひいた。スキーで足の骨を折った。虫歯になった。
(4)高齢になり⇒ 仕事ができなくなり収入がなくなった。
(5)高齢になり⇒ 介護が必要になった。

そして、ちょっと視点をかえて、「これから」に向けて考える時間!

3 マイナスをプラスへ転換!
(1)「働かされ方」から、「働き方」へ
(2)「雇われる人」から「雇う人」へ
(3)「新しい働き方」の実践!


■講座を進めながら
今回も、講座のポイントごとに、参加者の方々にコメント・シートを書いていただきました。
1 第2回で印象に残っていること【上位3つ!】
2 あなたが想定する、リスクは?
3 これまで、社会保障制度を活用したことは、ある?ない?
4 今日の発見!【なるほどと思ったこと、上位3つ!】
5 明日へのメッセージ!【わたし★宣言】

全4回の講座で、発見したことは、どのくらいあったでしょうか。発見を発見で終わらせず、次へのステップへと踏み出してくださいね。

さいごに…。
「助けてもらったことが、たくさんある人は、助ける側になったとき、その経験が役立ちます」と、もう一度、伝えたいと思います。

★ See You Again! 再見!

渋谷典子)

| つながれっとクラブ講座ブログ | 一人ひとりのキャリアアップ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!

名古屋市男女平等参画推進センター 2012年度・前期講座
「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」

 あなたの身の丈キャリアに、プラスアルファする実践講座です。
―.ャリアづくり、⊇性と労働、ワーク・ライフ・バランス、だ験菠歉磧
四つの視点から一人ひとりの生涯を見通して、実りある暮らしへ。その一歩を踏み出します。


講座概要はコチラ 

【第3回】
 7月22日(日)10:00〜12:00
  ワーク・ライフ・バランス―暮らしとキャリアを考える。 
 講師:重原惇子(ICDSキャリア・コンサルタント、NPO法人参画プラネット常任理事)

第3回 「ワーク・ライフ・バランス 〜暮らしとキャリアを考える〜」
   7/22(日) 10:00〜12:00

■はじめに
仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章 によると、ワーク・ライフ・バランス社会とは以下のような社会だと記されています。
(1)就労による経済的自立が可能な社会
(2)健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会
(3)多様な働き方・生き方が選択できる社会

■個人と家族のワーク・ライフ・バランス
一人の人間として生きていく上で、仕事と生活の調和がとれていることが理想です。これを家族単位で考えてみるとどうでしょう。出産・子育ての時期は妻の生活ウエイトが高くなり、夫の仕事量が増えるかもしれません。夫が年長の夫婦であれば、夫の退職後しばらくは、妻が仕事、夫は生活を主に担うことになるでしょう。夫婦の間でバランスを取ること、つまり長期的な視野でお互いに生活・仕事を分担するという考え方です。そうであれば、いくつになってもパートナーともども自分の新しい可能性にチャレンジすることもあり、ですよね

■私のアクションプランを描く
「私のアクションプラン ワーク・ライフ・バランス理想形」として、5年後、10年後、20年後の生き方と課題を書き出してもらいました。内容発表として、お一人ずつ現在の状況、課題などを自由に話していただいたのですが、ご自分の経験を踏まえたアドバイスが飛び出したり、新たな決意表明が聞かれたり、自由な発言が続きました。
■まとめとして
どこか借り物の言葉のような「ワーク・ライフ・バランス」ですが、自分の問題として考えるとき、そのことばは急に現実味を帯びてきます。女性にとって、生活上のイベントは時に大きな変化を引き起こします。結婚、出産、子育て、介護・・・。それらをも大切なキャリアと考えて、夫や家族、友人知人のネットワークを活かしながら、自身の人生を主体的にデザインしていってくださいというエールを送って講座を締めくくりました。

■担当講師:キャリア・コンサルタント、名古屋文理大学・名古屋市立大学講師、NPO法人参画プラネット常任理事 重原惇子

| つながれっとクラブ講座ブログ | 一人ひとりのキャリアアップ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!

名古屋市男女平等参画推進センター 2012年度・前期講座
「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」

あなたの身の丈キャリアに、プラスアルファする実践講座です。―.ャリアづくり、⊇性と労働、ワーク・ライフ・バランス、だ験菠歉磧住佑弔了訶世ら一人ひとりの生涯を見通して、実りある暮らしへ。その一歩を踏み出します。

講座概要はコチラ

【第2回】
7月15日(日)10:00〜12:00
女性と労働―労働、雇用、そして仕事を拓く。
講師:渋谷典子(桜花学園大学・愛知学泉大学講師、NPO法人参画プラネット代表理事)


実践講座「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」。第2回「女性と労働―労働、雇用、そして仕事を拓く。」では、労働法をキーワードに、講座が進みました。

■はじめに
自己紹介として、個人的に新聞に掲載された記事を配布し、「なぜ、労働法を研究しているのか?」から、お話を進めていきました。もともと、文学部英米文学科を卒業し法律とは縁がなかったわたしが「なぜ?」と、今でも時々、思うことがあります。NPOで活動していて壁にぶつかったときに出会ったのが労働法です。「NPOで活動している人々は労働者かどうか?」をテーマに、当事者として、わたしの問題!として研究に取り組んでいます。

■講座のレジュメから
今回の講座では、憲法から発展した労働法について基礎的な内容を大切にしつつ、「働く場」で実効性ある内容で組み立てました。

まずは、歴史!
第二次世界大戦後の「女性と労働」歴史を振り返る時間です。
1 女性と労働の歴史
(1)女工哀史
(2)工場法
(3)労働法

そして、労働法!
源は、憲法…と腑に落ちることが重要。国の基本的な理念が憲法です。
2 労働法とは?
(1)労働法の源は憲法
(2)労働者・使用者
(3)労働基準法、労働契約法、雇用機会均等法、育児介護休業法

いくつかのトピックを取り上げながら、労働法を味方にする方法を紹介しました。
3 労働法を味方にしよう!
(1)賃金
(2)セクシュアル・ハラスメント、パワーハラスメント
(3)解雇

リスクは、リスクとして認識したときにリスクではなくなる―このごろ、わたしはこう実感しています。
4 権利を主張するときのメリット、デメリット、そしてリスク

■講座を進めながら
講座のポイントごとに、参加者の方々にコメント・シートを書いていただきました。

1 自己紹介【伝えたいこと、上位3つ!】
2 女性と労働の歴史で、関心をもったできごとは?
3 気になる法律の内容は?
4 今日の発見!【なるほどと思ったこと、上位3つ!】
5 第4回への期待は?

15年間(1989年から2004年まで)、赤ペン先生をしていたこともあり、コメント・シートに赤ペンでコメントを返信。一人ひとりの思いが伝わってきて、「しかくい」法律も「まあるく」なっていきました。

次回は、7月29日(日)第4回を担当します。

(渋谷典子) 

| つながれっとクラブ講座ブログ | 一人ひとりのキャリアアップ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!

名古屋市男女平等参画推進センター 2012年度・前期講座
「一人ひとりのキャリアアップをめざして―今より、もう一歩を踏み出す!」

 あなたの身の丈キャリアに、プラスアルファする実践講座です。
―.ャリアづくり、⊇性と労働、ワーク・ライフ・バランス、だ験菠歉磧
四つの視点から一人ひとりの生涯を見通して、実りある暮らしへ。その一歩を踏み出します。


講座概要はコチラ 

【第1回】
 7月8日(日)10:00〜12:00
 キャリアづくり―多様なキャリアが社会をつくる。
 講師:重原惇子(ICDSキャリア・コンサルタント、NPO法人参画プラネット常任理事)

実践講座 第1回「キャリアづくり  〜多様なキャリアが社会を変える〜」
7/8(日) 10:00〜12:00

■まずは自己紹介から
受講者16人、順に参加の動機、講座に期待することなどをお聞きしました。
こういった講座は、主催者側もどんな方たちが受講されるのだろうとワクワクします。
案の定、年齢も経験もさまざまな女性たちが、今の悩み、講座への希望を交えて熱く語ってくれました。

■講座の内容は
 屮ャリア」とは?・・・
仕事の経歴『ビジネスキャリア』だけではなく、生きてきた人生すべてを自身の経歴とする『ライフキャリア』の考え方をお話ししました。

△錣燭靴砲箸辰討痢崙く意味」・・・
職業選択の際に最も大切な価値観や欲求、動機、能力を「キャリア・アンカー」といいます。管理能力・技術的機能的能力・安全性・創造性・自律と自立・社会貢献・純粋な挑戦・ワークライフバランスといった8項目が挙げられます。参加者のみなさんに自身の「働く意味」を考えてもらいました。

ライフヒストリー
人は、出会いや出来事から多くの影響を受けた結果、現在を決定し、未来に結び付けていきます。今回は「私の人生振り返りシート」を使って、みなさんに人生をじっくり振り返っていただきました。忘れていたことをふいに思い出したり、改めてその経験の影響の大きさを実感したりというそれぞれに充実した時間だったと思います。

たΧ肇織ぅ弯巴
これは、6つの職業タイプ(現実的・研究的・芸術的・社会的・企業的・慣習的)の中から、自分の職業興味の傾向をはかるというもの。結果をレーダーチャートに記入してもらうと、人によってさまざまな形があることに気づきます。
自分の興味関心の傾向を知ることは、職業を選ぶ上でも重要ですよね。

■まとめとして
私自身のライフヒストリーも20に及ぶ仕事で彩られています。その結果として現在の「キャリア・コンサルタント」という職業に巡り合えたと思っています。受講者のみなさんが、ご自身のライフキャリアを再認識するきっかけにしていただきたいと思った2時間でした。


■担当講師:キャリア・コンサルタント、名古屋文理大学・名古屋市立大学講師、NPO法人参画プラネット常任理事 重原惇子

 

| つながれっとクラブ講座ブログ | 一人ひとりのキャリアアップ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ